受験で誰しもが必ずぶち当たる問題。永遠のテーマ。

「英単語帳ってどれを選べばいいの?」

そりゃそうだ。本屋にいけばあんなにたくさん英単語帳が並んでいる。学校や塾では成績のいい彼はあの英単語帳を使っている、でも学校の先生には別のものを勧める。でも学校で買わされた単語帳勿体ないしなあ、といろいろ事情はある。

まず単語帳の基本について知っておこう。

単語帳にはレベルがある。例えばベストセラーの「データベース」シリーズ。ベーシックな単語帳だ。

この「データベース」シリーズには「データベース3000」や「データベース5500」などがあって、数字が大きい方が難しい単語が載っている。他にも「キクタン」シリーズがこれに当てはまる。

「ターゲット」シリーズも「1400」や「1900」があって数が大きいほど難しい単語が載っている。

これは英検と同じで、一つの単語帳に基本的な単語とレベルの高い単語両方集めると膨大な数になってしまうので「扱いにくい」という問題を避けるため、という理由が一つと、基本的に単語帳は「実際の入試問題で出た、出るあろう単語」を選んで載せているのでそれをレベル順に載せていけば、自然と段階的に基本的な単語から難しい単語まで学習できるように設計されているのが別の理由だ。

ということは、まずみんなが最初に選ぶべき英単語は「基礎編」やターゲットやデータベースなど同じシリーズ内で数字の低い方などを選ぶべきだ。基本的な単語と言っても得られる情報は計り知れないほど多いし、基本的な単語帳一冊で点数は劇的に変わる。

英単語帳は「合う」「合わない」が大きく分かれることが多い。これは先に述べたように、~がこの単語帳を使っていたから僕も使ってみよう、結果あんまり覚えられなかったな、「僕には合っていないかも」という受験トークが毎年行われているから。

合っていなかったら学習した時間が全部とは言わないが、少なくともいくらかは無駄にしてしまったことになる。それは非常にもったいない。

だから最初の単語帳こそ真剣に、慎重に選ぶべきなのだ。選ぶポイントとしては

①見やすいかどうか

これは非常に大きな要因だ。辞書を引いたことがある人なら分かると思うが、あの小さい字が敷き詰められた感じ。あれで暗記なんてできると思うだろうか。普通はできないし、やってる途中で飽きてしまう。

見やすいということは単純に視覚的にスッキリまとまっているので情報が入りやすい。インプットがシンプルになる。先に挙げた「データベース」や「ターゲット」は最初の一個としては少し情報量が多いと思う。

②開きやすいかどうか(持った感じ、開いた感じがいいかどうか)

これも意外と重要な要素。やはり単語帳は開いてにらめっこするするのが第一歩なので、本が固いとか、机に置いたら勝手に閉じてしまうとか、付いている赤シートが使いづらいとか、実際に使っていると不便だなと思う点が出てくる。

それをなるべく避けられる形状の単語帳を選んだ方がいい。最初の単語帳であればどれも内容は大して変わらない。具体的には横に広い単語帳がオススメだ。

③CDが付いているかどうか

単語帳はいろいろあるができればCDが欲しい。学習効率が全く違う。「五感を使って~」と聞いたことはないだろうか。これは実際本当で、目だけ使って暗記<目で見て声に出して暗記<目で見て声に出して耳で聞いて暗記するの順で、五感を使うほど記憶に残りやすい

例えば、appleという単語。勉強してなくてもこれは分かるだろう。「りんご」だ。これぐらい簡単な単語なら「apple」と聞いただけで「りんご」と分かる。だが入試はそんなに簡単な単語ばかりじゃなく、普段使わない単語や専門的な単語がたくさん出てくる。

例えば「environment」。これは「環境」とか「雰囲気」という意味の単語。勉強してこなかった人にはあまり馴染みのない単語だと思う。よく出るのでここで覚えてしまおう。

  • 目だけ使って暗記した場合

environmentという文字を見る→頭の中で「環境」という言葉に変換する

  • 目で見て声に出して耳で聞いて暗記した場合

environmentという文字を見る→environmentという文字を見た瞬間に「環境」と変換される

この「する」と「される」の違いは果てしなく大きい。耳で聞いてそのまま理解できるということは僕たちが日本語で会話するのと同じレベルの話だからだ。

先の話に置き換えてもappleという単語を見たときに「apple…りんごか」というような処理はしない。少し難しい話になるがこの辺の話は「記号化」という現代文のテーマを理解するととても早い。

ものすごくざっくり説明すると例えば犬がいるとする。でも「犬」っていうのは僕たちが「犬」と認識しているから「犬」であって別に「犬」という名称でなくても構わないわけだ。でも「犬」って日本人がきいたらみんな柴犬でもダックスフントでもゴールデンレトリバーでもああいう「犬」を想定する。こういう時、共通認識として「犬」という記号を使って僕らは「犬」を認識できている。だから猫の場合は「猫」という記号、机の場合は「机」という記号があるから僕らは認識が可能だ、というもの。

英語を母国語とする人たちはbad environmentと聞いたとき、「bad environment」という風にしか思わない。僕らは英語を母国語としないので「悪い環境」と日本語に変換する作業を挟まなくちゃいけない。

その処理をなるべく短縮するために「耳で聞いて」単語を覚えるのが望ましい。そうすればappleと同じような処理が可能になるし、定着も早い。非常に原初的な言語の学習法なのだ。センターの発音対策もできる

思ったより長くなってしまったが、最初の単語帳を選ぶポイントとしては

  1. 見やすいかどうか
  2. 持った・開いたときの感触がいいかどうか
  3. CDが付いているかどうか

この3つを参考に選んで欲しい。中にはCD別売という単語帳もあるのでチェックしておこう。

ちなみに僕が使っていたのは


データベース 4500 完成英単語・熟語 [5th Edition]

これ。単語熟語文法全部をバランスよく勉強でき、語法の使い方に特徴がある単語(例えば特定の文型を取る動詞)はカテゴリ別にまとめて載っているので復習ついてに他の単語も再復習できる所がよかった。

単語帳は他にいくつかやってみたけど最終的にずっと使い続けていたのはこれだけだった。

 

おすすめの記事