現代文の勉強においては語彙が大事だー論理展開がー逆接がーなんて言われてる。

それは事実なんだが、その前に漢字の勉強しているのかな?

語彙の勉強の前にまず漢字。

現代文の読解に語彙力が必要なのはもちろんだが、語彙が単独で問いとして出題されることはあんまりない。

だが漢字は結構な頻度で出題される。センター試験では最初に出題され、一般入試でも1~3問は出題される。

1問2点だとしたら全部で6点。6点の間にどれだけ受験生がいるのか、という話ではない。

合格するような人たちは漢字の問題ぐらい全問正解して当然。

つまり、漢字もろくに勉強していない人はー6点スタートと等しい。

始まる前からある程度結果は決まっているということだ。

語彙の勉強は漢字の勉強で漢字の意味を理解したうえでやるべき。勉強するべき語彙も漢字で成り立っているので漢字の意味を分からずに語彙の勉強をすると丸暗記のような状態になってしまい、その後の勉強に支障が出ると断言していい。

これから勉強を始める人は、まず漢字をちゃんと勉強しよう。読みは勉強しなきゃわからないぞ。


入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)

とりあえずベストセラーの王道漢字の参考書を上げておく。


上級入試漢字―国公立入試対策

ちなみに僕が使ってたのこれ。これしっかりやったおかげか正直今まで漢字で苦労したことない。

おすすめの記事